ダイビングスポット日本

積丹岬:北海道で唯一の海中公園に指定されている積丹岬。
日本の渚百選にも選ばれているこの海岸は、透明度も高く生物も多い人気のエリアです。沖合にはイルカの群れや、ツチクジラも見られ季節によってはシャチも群れで移動する。
佐渡島:「ダイビング」のイメージにはまだまだ結びつかない「日本海」。
ですが、コブダイ・メバル・ヤリイカ・ミミイカ…日本海のクマノミまで、充分満足できるダイビングスポットです。

勝浦:房総半島・勝浦は、外洋で育った回遊魚はもちろん、地形派ダイバーにはダイナミックな地形が魅力となるポイント。

初島:熱海の沖合いに浮かぶ「初島」ここには多くの回遊魚が訪れ、濃い魚影を映し出しています。

富戸:東伊豆を代表する人気スポット。比較的穏やかな海況のため、多くの生物が生息しています。アオリイカ・マンボウ・カエルアンコウや、南国魚のハタタテダイ・クマノミ、ウミウシにも出会えます。

小笠原:多くの無人島からなる小笠原諸島は、ダイバー憧れのポイント。
イルカ・クジラにまで遭遇チャンスに溢れ、固有種も多いこの地域でのダイビングは一度は潜ってみたいポイントと言えます。

南紀串本:「サンゴの街宣言」をした街串本。本州随一のテーブル珊瑚が群生し、南国魚が、色鮮やかにトロピカルムードを演出してくれています。

大月・柏島:高知・西南の海は、桃色サンゴの発祥の地でもあり、国立公園に指定されたその海中には変化に富んだ地形に多くの種類の魚が集まることでも有名です。

恩納村:沖縄の代表的リゾート、万座周辺には数多くのポイントがあります。
地形派ダイバーにも大満足な水中洞窟から、フィッシュウォッチング派まで、透明度の高い沖縄の海はまちがいないポイントです。

石垣島・八重山・西表島:沖縄の離島は、いわずもがなポイントだらけです。
東京からの直行便がある、石垣島は比較的アクセスも便利です。
「透明度50Mの世界」を是非体験してみたいものです。

Copyright (C) 2011 DIVEFREAK.JP All Rights Reserved.

PR//